登場人物

 

「皇帝の平和」目次


 紀元前30年、アクティウムの海戦。
 エジプト女王クレオパトラとローマの将軍マルクス・アントニウスは自殺し、ユリウス・カエサルの後継者、オクタウィアヌスが勝利する。
 オクタウィアヌス――尊厳者アウグストゥスが支配するローマ。
 謀反人アントニウスの次男、ユルス・アントニウスは、カエサルの一族に連なる厚遇を受けて成長する。
 というような話です。史実に反すること、アウグストゥスが悪役になることが許せない方には不向きです。

 左の題名をクリックして下さい。

題名 更新日
父親  前30年 マルクス・アントニウスの死 2005.4.1
聖域   前27年 成人式前のユルスと、ユバ王子 2005.5.6
真昼の月 セレネ  前27年 異母妹クレオパトラ・セレネの婚約話 2005.6.19
パクス・アウグスタ  前27年 ユルスとアウグストゥス 2005.7.6
祝婚歌  前21年 ユルスと大マルケラの結婚 2005.4.1
名残の薔薇  (前21年) アグリッパ父娘、マエケナスとティベリウス
 参考にさせていただきました
2005.12.19
2012.1.1改訂
翼ある言葉
 (前17年) ドルススと小アントニア 2005.7.24
2012.1.1改訂
アレーナ  (前17年) 「翼ある言葉」の続き 2005.8.22
2012.1.1改訂
女神のきもち  (前17年) 「アレーナ」の続き 2005.9.4
2012.1.1改訂

 ギリシア神話の神様の題名シリーズ 「夜(ニュクス)と闇(エレボス)の子供たちの名前」です。
 かなーりネガティブですので、アウグストゥス好きの方は回避をお願いします。

闇から生まれた光
(アイテル)
 前27年 セレネの結婚式 (パクス・アウグスタの次) 2006.1.13 
眠り(ヒュプノス)は死(タナトス)の兄弟  年代の設定は特になし。珍しい人が主人公。固有名詞は入れてませんので、気づいて下さると嬉しいです。(不親切) 2006.1.15
神の摂理を批判する者
(モーモス)
 前13年 ドルススとティベリウスの会話。 2006.1.15
神の分け前(モイライ)  前10年 ユルスとティベリウスの会話 2006.5.11
怒りの女神(ネメシス)  前8年 ユルスとユリア
 アウグストゥス等に対し、批判的な書き方をしてます。不愉快になる方もいらっしゃるかも。
2006.5.28
冷めた愛欲(ピロテース)  前5年 ユリア 2006.11.13 
欺瞞(アパテ)の繭  前5年 再婚を命じられたアントニアの抵抗と、ユルスとマルケラの会話。 2008.3.22
狂気(リュッサ)の旋律  前2年 ユルスとユリアの関係の発覚 2010.6.19
黄昏ゆく日々(ヘスペリア)
 前20〜前11年 ティベリウスとウィプサニアの結婚生活
 ウィプサニアの性格が他の小説とは違い多少暗いです。
2012.2.12

 本編のパロディーとか、ちょっと番外のもの。

家族の集い パラティウムのお正月風景 2006.1.21
歌集(カルミナ) 詩人(ホラティウス)と元老院議員(ユルス) 2010.6.5
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー